高反発マットレスの、「高反発」という言葉は、硬そうな印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか。

そんなわけで、ここでは高反発マットレスについて、価格や通気性、素材や選ぶときの注意点について簡単に説明させていただきます。

最初に説明することは通気性についてです。
たいていのマットレスは夏は暑いので通気性がよいものが好まれます。

また、冬は保湿性が良いものが好まれるという感じがあります。

低反発マットレスは素材がウレタンのものが多く、柔らかいのが特徴なのですが、残念なことに通気性は優れていません。

その点、高反発マットレスは、ポリエステルを使ったものが多いため、通気性に優れています。
そのため、水洗いができます。

価格帯については、先ほど低反発マットレスはウレタン素材を使っていて、高反発マットレスはポリエステルを使っているを使っているものが多いと書きました。

イメージとしては、ポリエステルのほうが安いというイメージがありますが、
実際は低反発マットレスよりも高反発マットレスのほうが価格帯が高いです。

どれくらい違いがあるのかというと、だいたい低反発マットレスは安いもので数千円から高いもので数万円くらいです。

一方で高反発マットレスは安いものでも数万、高いものだと数十万もするものもあります。

それに、マットレス1度購入すると気に入らないといった理由で簡単に変えられるものでもないので、購入する前は良く考えて選ぶようにしましょう。

そんなわけで、高反発マットレスの比較はこちらからどうぞ


腰痛がなかなか改善しないという人には高反発マットレスを試してみる価値があります。

腰痛を持っている人でいろいろ試してみたけど、改善しないという人も多いともいます。

で、マットレスを変えたいけど、どうせ効かないだろうと思って試していないという人も多いと思います。

でも、人間って多くの時間を睡眠に使っていますし、またマットレスによっては、腰に負担がかかりにくいマットレスがありますからだめもとで見ておくと良いでしょう。

腰に負担がかかりにくいマットレスは、高反発マットレスになります。

人間の理想的な睡眠姿勢は身体がs字になるような睡眠姿勢が良いといわれています。

ですが、低反発マットレスは寝やすさを重視しているため身体がs字にならないんです。

確かに低反発マットレスは寝心地がいいのですが、実は身体に負担がかかっているんです。

ですから、腰痛がなかなか改善しないと言う人は、腰痛のために作られた高反発マットレスを試してみるのがいいと思いますよ。

また、人間の欲求には食欲、物欲のほか、睡眠欲があります。

このうち、睡眠は人間において欠かせないものです。

身体の疲れを取るために、睡眠をとるわけですが、実はその睡眠に悩みを持つ人は多いんです。

その悩みは不眠症や寝つきの悪さやまた腰痛で眠れないという人も多いみたいです。

そのような、人に是非試してもらいたいのが、高反発マットレスになります。

なぜ、高反発マットレスなのかというと、低反発マットレスだと柔らかすぎて、理想的な睡眠体型にならず、腰に負担をかけてしまうんです。

一方の高反発マットレスなら素材がある程度硬く、へこみなどのくせができにくいため、睡眠中の姿勢が良くなり、睡眠の問題が改善されることがあるんです。

また、高反発マットレスは、横になったときに背骨がs字カーブになるから、腰に負担がかからないんです。

だから、低反発マットレスを使っていて合わないと感じているようでしたら、これを機会に変えてみるというのもどうでしょうか。


寝具については人間の生活にはなくてはならないものです。

よくいわれていることに、睡眠は人間の生活の3分の1を占めるともいわれているからとっても重要であることがわかると思います。

だから、なるべく品質の高いものを選ぶ方法やあなたの状況に合わせた寝具を選ぶ必要がございます。

そんな寝具の中でも一番重要なのがマットレスになります。

マットレスは、ご存知のとおり身体の下に敷いて使うものになります。

また、マットレスは枕などに比べて価格が高いですから、慎重に選ぶ必要があります。

マットレスには高反発マットレスと、低反発マットレスがありますが、
この内品質に優れているのは高反発マットレスになります。

昔はよく低反発マットレスが重要とされていましたが、
今は高反発が注目を集めています。

高反発マットレスは身体が沈んでもある程度まで沈み込むとその後は沈み込まずある程度の位置でとまることになります。

高反発マットレスを使うことで、背骨が曲がった状態で睡眠を続けることが減りますから、腰に対する負担が少なくなります。

また一般的なマットレスなら、腰の部分が沈み込むのが普通ですが、高反発マットレスだとどんなに寝ていても沈み込むことが少ないため、腰痛を持っている方にも向いています。

そのほかだと、高反発マットレスは素材がウレタン素材で固めのものが多いため

、耐久性が高いと言う特徴があります。


心地よい睡眠を実現したい人におすすめなのが、低反発マットレスになります。

低反発マットレスっていうのは、横になった際に少しずつ沈むため、
身体の形が安定します。

これが心地よい睡眠を実現するのです。

マットレスから身体を話すとマットレスは形が元に戻るのですが、
寝ているときには、低反発マットレスというだけあり、あまり反発することはありません。

一方で高反発マットレスは、横になってもある程度沈み込んだ後は、
それ以上沈み込まず、元に戻ろうとします。

低反発マットレスだと、いったん沈み込んだらそのままなんだけど、
これだと身体のラインは人間の理想的な形とは異なる形になってしまうため、
知らないうちに身体に負担がかかってしまうんです。

しかしながら、高反発マットレスだと、ある程度まで沈んだあとはそれ以上沈み込まず反発するため、身体に負担がかかりにくいといわれています。

仰向けで寝ているときは低反発マットレスなら、腰もマットレスに合わせて沈み込
みやすくなるのに対して、高反発マットレスの場合、沈まずに反発するために、理想的な睡眠姿勢を実現します。

だから、睡眠中は身体に負担がかかりにくい状態で睡眠ができ、
翌朝を迎えられます。

低反発マットレスの寝心地が好きなのは理解できますが、翌朝身体が痛いというのでしたら、低反発マットレスではなく、

高反発マットレスを使ってみるのもいいのかもしれません。